「契約社員」のメリット・デメリットって?働き方まとめvol.3

2018.11.2

これまでのブログで「正社員」「限定正社員」という雇用形態の特徴について紹介しました。

今回は「契約社員」です。

契約社員という働き方の大きな特徴はズバリ、

「雇用期間が決まっている」

ということです。

契約期間が決まっているから、契約社員というんですね。

さて、契約社員のメリット、デメリットを働く側の視点で見てみると―、

《メリット》
・勤務地が限定されていることが多く、転勤がない
・基本的に異動がないので、ひとつの仕事に専念できる
・正社員への登用のチャンスがある場合も

《デメリット》
・雇用期間が満了するとその会社で働き続けることができない
・賞与や昇給や退職金がないことが多い
・住宅ローン審査が通りにくい

契約社員は、「3年後の留学に向けて資金を稼ぐ」「こんな経験を積んで、その後のキャリアに生かしたい」というような明確なライフプランを持っている人に適しているようですね。

ところで、上記にもあるように、これまで契約社員の最大の不安は「契約が更新されないかも」という点でした。
しかし2012年に労働契約法が改正されたことで、同じ会社での契約期間が通算で5年を超えた場合、労働者からの申込みによって無期雇用に転換できるルールができています。

一人ひとりが自分の「働き方」を考え、変えていく時代になってきているんですね。




【こちらもあわせてお読みください】
「何でもする」という人。「○○なら得意」という人。どっちが選ばれる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

名前:COCO(ココ)
性別:女性
年齢:30代前半
出身地:新潟県
趣味:カメラとカフェめぐり、寺社めぐり
自己紹介:私は大学卒業後、東京のIT関連企業に就職。営業職として勤務していましたが、(続きを読む...)

最新の記事

よく読まれている記事

QUICK SEARCHお仕事クイック検索

勤務地
×
職種
×
雇用形態

まずはテンプスタッフフォーラムに
スタッフ登録してみよう!