「何でもする」という人。「○○なら得意」という人。どっちが選ばれる?

2017.12.08

派遣スタッフさんにお仕事を紹介する際、私たちコーディネーターが何を最優先しているかというと、やはり「ご本人が何をしたいか」です。

初めて派遣で働く方に、「どんなお仕事をしたいですか?」とお聞きすると、「何でもやります」という答えが返ってくることがあります。「どんな仕事でもやるわよ!」とやる気にあふれていらっしゃるのかもしれませんが、実はそこには落とし穴があります。

「何でもやります!」の落とし穴

そもそも、何でもできる人はいません。
テンプでも派遣先の会社でも、何でもできる人を求めているわけではなく「〇〇が任せられる人」「〇〇ができる人」などと、具体的な業務をお任せできる人をイメージしています。

具体例をあげると―

「オフィスワークなら何でもします」というAさん。
「几帳面なので、コツコツした作業が得意です」というBさん。

コーディネーターが、このお二人のうちどちらにお仕事を紹介しやすいかというと、それはBさんです。お任せできる仕事が明確ですし、自分のことをよく理解しているな、と思うからです。おそらく派遣先でも、Bさんの方が評価されやすいのではないでしょうか。

「任せたい仕事」がイメージできることが大事

人間、できないことはあって当たり前。それよりも自分の強みや得意なことを把握し、言葉に出して言える人の方が、満足できるお仕事に出会う確率がグッと上がるということです。
これから派遣で働きたいという方には、ぜひ自分の強みを把握しておいていただきたいと思います。

「そうはいっても自分の強みなんて分からない…」
という方もご安心を。
私たちと一緒に、どんな仕事で活躍できるのか、イチから考えていきましょう。
自分では気づかない、思わぬ「得意」が見つかるかもしれませんよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

名前:COCO(ココ)
性別:女性
年齢:30代前半
出身地:新潟県
趣味:カメラとカフェめぐり、寺社めぐり
自己紹介:私は大学卒業後、東京のIT関連企業に就職。営業職として勤務していましたが、(続きを読む...)

最新の記事

よく読まれている記事

QUICK SEARCHお仕事クイック検索

勤務地
×
職種
×
雇用形態

まずはテンプスタッフフォーラムに
スタッフ登録してみよう!