派遣営業のホンネ★インタビュー vol.1
「今の派遣先は合わない、派遣先を辞めたいとスタッフさんから言われた時」

2017.10.12

気持ちのいい季節になりましたね。
テンプのコーディネーターCOCOです。

今回は、テンプの営業職にインタビューする新企画です。
クライアントへの営業活動を行うほか、派遣スタッフさん一人ひとりのフォローを担当する営業職。すでに就業されている方には「担当営業」としておなじみの存在だと思います。
今回は経験豊富でスタッフからの信頼が厚い、営業のKさん(女性)にお話をうかがいました。

---------------------------------------

COCO:Kさんにはスタッフさんからいろんな相談が寄せられるそうですね。

K:そうですね。スタッフさんと話しをしていると人生相談みたいになることも少なくありません(笑)。女性同士で悩みを共有しやすいということもあると思いますが、そもそも働くことと人生設計って、切り離せないですもんね。
あとは、働く上での不平・不満は誰にでもありますから、しゃべることで胸の中をすっきりさせて、次の日からのやる気を高めてもらえればとも思います。

COCO:「今の派遣先が合わない、やめたい」みたいな相談もあるんですか?

K:ありますよ。ちょっと前は、そういう相談を受けるとあの手この手で何とかひきとめていましたが、それじゃ根本的な解決にはならないと分かりました。ストレスを抱えながら仕事を続けても、その人はハッピーじゃないですよね。まずは何が問題かを把握して、解決できる方法をスタッフさんと一緒に考えます。改善できることは改善していきます。ですが、無理にひきとめることはしません。派遣という働き方が合わないわけじゃないんです。A社が合わなくてもB社なら大丈夫、むしろいきいきと働いて力を発揮できるということはよくあります。ですから、その人の希望は何かを掘り下げて聞くようにしていますし、他の営業とも情報共有して、その人に合った案件を探します。

COCO:コーディネーターもそうですが、スタッフさんを理解することが大事ですね。

K:スタッフさんとのコミュニケーションを深めることで、お客様である企業に対しても理解が深まるんです。ビジネスの上で今こんなところに力を入れていて、こんな課題があって、職場はこんな雰囲気…などなど。なので「うちのことを良く知っているね」とお客様の信頼を得ることができるんです。

COCO:最後に、Kさんが仕事をする上で心がけていることを教えてください。

K:私は長く派遣の営業をしています。スタッフさんには安心して何でも相談してほしいと思いますし、同時に、ちょっと偉そうかもしれませんが、働く女性としてのロールモデルでありたいと思っています。

COCO:「職種は違っても、Kさんみたいにバリバリ仕事ができるようになりたい」というスタッフさんは実際にいらっしゃいますよ。今日はありがとうございました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

名前:COCO(ココ)
性別:女性
年齢:30代前半
出身地:新潟県
趣味:カメラとカフェめぐり、寺社めぐり
自己紹介:私は大学卒業後、東京のIT関連企業に就職。営業職として勤務していましたが、数年前に地元新潟にUターン。テンプスタッフフォーラムに派遣スタッフ登録し、営業、販売、接客、コールオペレーターなどいろんな派遣の仕事を経験しました。登録スタッフとして働くうちに、同社の人材コーディネーターのきめ細かな気配りや生き生きした笑顔に惹かれ、一念発起して私自身も派遣スタッフからコーディネーターに転身しました。

最新の記事

QUICK SEARCHお仕事クイック検索

勤務地
×
職種
×
雇用形態

まずはテンプスタッフフォーラムに
スタッフ登録してみよう!